焚き火台比較【ロゴス】【スノーピーク】【Ooparts】

キャンプ
キャンプダッチオーブン焚き火

焚き火台なんて1台あれば十分と思っていましたが
グループでキャンプする際に
1台では料理が間に合わないと思い追加購入しました。

タイプの違う焚き火台を買ったことで
それぞれの良さに気づき
今では用途で使い分けています。

使い分けがオススメの人
・色々な種類の料理をする
・一度に料理する量が多い

焚き火台比較メーカ

私は下記3種類の焚き火台を使用しています。
・【ロゴス】メッシュタイプ
・【スノーピーク】ピラミッドタイプ
・【Ooparts】ラウンドタイプ

【ロゴス】メッシュタイプ

BONFIRE MESH STANDを使用しています。

メリット

・軽い、安い
・火がつけやすい
・途中で灰・炭を掃除しやすい
・長めの薪でも、そのまま突っ込める

デメリット

・大きめの調理道具での調理が不安定
・風が強いと不安定

料理例

マルチスタンド上で
・メスティン調理
・スキレット

※マルチスタンド、焚き火シートは付属しません。

メッシュ状で焼きいも等が作りやすいです。
※調理の流れは別記事参照ください。


【スノーピーク】ピラミッドタイプ

snow peakスタータセットMを使用しています。

メリット

・ダッチオーブン、中華鍋での調理がし易い
・風が強くても火力が安定する
・炭+ダッチオーブンで料理の煮込み、保温が用意
・スタータセットで一式揃う

デメリット

・重い、高価
・灰、炭が底に溜まっていく

料理例

中華鍋でチャーハン
ダッチオーブンでおでん、丸ごとキャベツなど

キャンプの醍醐味的な料理が作れます。
※調理の流れは別記事参照ください。

【Oopats】ラウンドタイプ

LOW焚き火台セット「ツイン火星人」
を使用しています。

メリット

・大きい
 ※焚き火台1台で色々できます。
・安定感がある
・遠火用のスタンド付き

デメリット

・重い、高価
 ※スノーピークM以上
・収納袋が無い

料理例

中華鍋でチャーハンは勿論
ダッチオーブンとスキレットなど
同時に調理が可能です。

使用している
・スキレット
・ダッチオーブン
・中華鍋
は【ロゴス】【スノーピーク】の紹介で
使用している物と同じです。

その他あれば便利道具

・ダッチオーブン
・スキレット
・中華鍋
など持っていればキャンプ料理が
一層楽しくなります。

ダッチオーブンはIH対応であれば
IHの家庭でも使えて便利です。
私は良くカレーを作っています。

薪割にはキンドリングクラッカー

焚き火に欠かせない薪割には

キンドリングクラッカーがオススメです。

こんな方にオススメ

それぞれの焚き火台のまとめです。

【ロゴス】がオススメの方

コンパクトに焚き火料理を楽しみたい!
荷物を少なくしたい!

【スノーピーク】がオススメの方

ダッチオーブンなど大きめ調理器具を使いたい!
まだ焚き火台を持っていない!

【Ooparts】がオススメの方

大量に同時に作りたい!
インパクト重視!
豪快に焚き火をしたい!


コメント

タイトルとURLをコピーしました